初心者はまずデモトレードで練習をしよう

FXでロングやショートを伴うトレードを始めるときは、いきなり実際にお金をかけて運用をするのではなく、デモトレードである程度練習をするのがよいとされています。 なぜなら、こういったトレードは、一瞬の判断ミスが大きな損失を招くこともあるからです。 最近では、1000通貨という少額からトレードができるFX会社も多くなってはきているものの、わずかでも証拠金を失うのは嫌だという人は、まずはお金をかけずにデモトレードで腕を磨くのがおすすめです。 デモトレードは実際のお金を使わず、仮想の通貨を使って外国為替証拠金取引のトレードを行うというものです。 デモトレードを始める方法はとても簡単で、デモトレードを開設しているFX会社にデモトレード専用の口座を開設するだけです。 デモトレードでも、注文するときに使うツールやチャートといった取引画面は、実際のお金を使うトレードと全く変わりはありませんので、思う存分練習をすることができます。 FX会社の中には、FXのデモトレードの中で、一定期間内に資産をどれだけ増やせるか、ということをテーマにしたコンテストを開催しているところもあります。 コンテストで上位に入賞しますと、豪華賞品や賞金というプレゼントももらえます。 デモトレードで外国為替証拠金取引の腕を磨くかたわら、このようなコンテストで入賞をねらってみるのも悪くないでしょう。 ただし、デモトレードをする際には一つ注意点があります。 それは、デモトレードでは自分の所持金が全く減らないため、所詮リアルトレード並のプレッシャーや緊張感、ストレスは味わうことはできないということです。 だからこそ、デモトレードでは失敗を真摯に反省し、分析を続けていくことが重要なのです。